前へ
次へ

教育に関わる人物の優しさと厳しさのバランス

かつて私が学校で教育を受けていた時は、やや厳しい人物に教わる事もありました。
例えば部活動です。
私はある球技の部活に在籍していたのですが、その時に教育してくれたコーチは、やや厳しい人物だった事を覚えています。
口調はかなり厳しく、子供心に大変な部活に入ってしまったと思いました。
しかし何回か部活で指導を受けるにつれ、そのコーチには優しい一面があることも分かりました。
厳しさと優しさを兼ね備えている人物だった訳です。
今思い返せば、あのコーチには大変お世話になりました。
ただ、それは部活だけではありません。
学習塾や会社でも色々と教育されましたが、やはり厳しい人物に当たる事はありました。
会社で社員教育を受ける時にも、優しさと厳しさを兼ね備えた人物が研修を行ってくれた記憶があります。
今振り返れば、「優しさと厳しさ」のバランスが取れている人物は、教鞭を取っている事が多い印象があります。
バランスが取れている人物は、教育に向いていると思うこともたまにあります。

法律家が就業規則
における労務トラブルを防ぎます

パソコンが思うように動かない時
西宮のパソコン修理屋「助っ人屋」をお訪ねください

Page Top